2018.03.08 エコ家事

ベタつく飛び散り汚れをピカピカに!重曹を使ったキッチン壁のお掃除方法

エコ家事
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

近年、地球に優しいエコ洗剤が注目を集めています。中でも人気なのは、「重曹」です。コストパフォーマンスがよく、ドラッグストアやスーパーマーケットなどでも簡単に購入できる重曹は、主婦の強い味方です。掃除や料理などさまざまな家事に活用できるため、常備しておきたいエコアイテムでもあります。
今回は、たくさんある重曹の活用術の中でも、キッチン壁のお掃除方法についてご紹介します。

 

いつの間にか汚れてしまうキッチンの壁

家族のいる家庭では、毎日のようにキッチンを使用します。そんなキッチンの壁は、料理中に飛び跳ねた調味料や油などでいつの間にか汚れてしまうもの。そのまま放っておくと、壁がベタベタになってしまうだけでなく、なかなか落ちない頑固なこびり付き汚れと化してしまいます。そんなこびり付き汚れに対して、「大掃除でゴシゴシ磨いても落とせなかった」という方もいるかもしれません。汚れが付きやすいキッチン壁をきれいに保つには、使用するたびに拭き掃除をするのが理想的といわれています。

 

落としにくくなった飛び散り汚れには「重曹」

2

頑固な汚れが付着してしまったキッチン壁の汚れには、重曹が役立ちます。キッチン壁に付着しているしつこい汚れの正体は、主に「油汚れ」です。酸性の性質を持つ油汚れには、アルカリ性の性質を持つ洗剤を用いるのが効果的といわれています。そこでおすすめなのが、「重曹」です。
重曹は、弱いアルカリ性の性質を持ちます。そのため、酸性である油汚れを中和して落とす働きがあり、しつこい油汚れが付着しやすいキッチン壁の掃除に適しているのです。
そんな重曹を用いたキッチン壁の掃除方法は、以下の通りです。

【用意するもの】

・重曹
・水
・キッチンペーパー
・ラップ
・スプレーボトル
・布巾

【掃除方法】

1.スプレーボトルに重曹水を作ります。(100mlの水に対し小さじ1杯の重曹を加え、よく混ぜ合わせる) 2.汚れが気になるところにキッチンペーパーを当て、重曹水を吹きかけます。
3.そこをラップで覆い、重曹水の蒸発を防ぎつつ10分程度放置します。
4.10分経てば、キッチンペーパーとラップを剥がし、水拭きします。
5.最後にきれいな布巾で乾拭きすれば、完了です。

 

汚れが落ちるだけでなく、消臭効果やピカピカにする効果も!

3

キッチンは、家族が口にするものを扱う場所です。そのため、できるだけ清潔な状態に保ちたいもの。
重曹には、しつこい油汚れを落とすだけでなく消臭効果や研磨効果もあります。キッチン特有のイヤな臭いを防いだり、壁をピカピカに磨き上げたりする効果もあるのです。

 

重曹を用いてキッチン壁を掃除すれば、キッチンを清潔な状態に保てます。家族の口にする食べ物を清潔な場所で扱うためにも、定期的に、もしくは毎日のように重曹を用いてキッチン掃除を行いましょう。

この記事で紹介された商品について

重ソウ

野菜のアク抜きや家庭のお掃除に

重ソウについてくわしく見る

ベタつく飛び散り汚れをピカピカに!重曹を使ったキッチン壁のお掃除方法

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

ベタつく飛び散り汚れをピカピカに!重曹を使ったキッチン壁のお掃除方法

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ