よくあるご質問

FAQ

焼ミョウバン焼ミョウバン

  • 生ミョウバンとの違いは?

    生ミョウバン〔AlK(SO42・12H2O〕を加熱・脱水したものが、焼ミョウバン〔AlK(SO42〕になります。焼ミョウバンは吸湿性があるため、空気中の水分を吸収して徐々に生ミョウバンに戻ります。

  • 漬物に使用できますか?

    ご使用いただけます。

    ≪なすの早漬け≫
    [材料]
    小なす…………………………1kg
    水…………………………1+1/3カップ
    塩……………………………1/3カップ
    焼ミョウバン…………………小さじ1

    [作り方]
    1:上記(水、塩、焼ミョウバン)の分量を煮立て、よく溶かしてから冷まします。
    2:桶になすを入れて、上のさまし汁を入れ、おしぶたをして重しをのせ、ポリエチレンなどで封をし、涼しい所に一昼夜置くと美しい色に漬かります。

    ≪なすのぬか漬け≫
    塩小さじ2杯に焼ミョウバン小さじ1杯を混ぜ合わせ、ヘタを付けたままのなす全体にまぶして軽くもみ4~5分置いてから、ぬか床に漬けると美しい色に漬かります。

  • 野菜のあく抜きに使用できますか?

    ご使用いただけます。
    れんこん・里芋・ごぼうなどあくの強い野菜類や栗類は、皮をむいてから0.01%程度のミョウバン水に2~3時間つけるだけで、
    あくを抜くことができます。あくが抜けたら上げて水洗いして下さい。

  • みそに使用してはいけない理由は?

    焼ミョウバンはみその表面の変色を抑制し、鮮明な黄金色を保持させるために使用されていました。
    しかし、使用が減少してきたことに伴い、昭和48年に厚生省によりアンモニウムミョウバン、焼アンモニウムミョウバン、ミョウバン、焼ミョウバン及び塩化アルミニウムを
    みそに使用することが禁止されたため、現在はみそに使用することはできません。

  • ミョウバン浴での使用法は?

    お風呂の湯(標準は200L)にミョウバン原液を20~50mL加えて、入浴します。
    ペットボトルのキャップで5~6杯も入れれば十分です。(浴槽に直接、生ミョウバン若しくは焼ミョウバンをひとつまみ入れても良い。)
    この位で入浴してみて、翌日までに何の効果もなければ、ミョウバン原液の量を200mL位まで少しずつ増やしてみると良いでしょう。
    但し、あまりたくさん入れてお湯が酸性になりすぎると、金属を腐蝕させることがあります。浴槽内の熱交換器はステンレス製の物が多いので、注意して下さい。
    ちなみに、ミョウバン浴の残り湯で洗濯をしても不都合はありません。

  • 結晶を作れますか?

    焼ミョウバンは水に溶けにくいため、生ミョウバンの方が適しています。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ