2017.02.02 乾燥肌

花粉症の時期は肌トラブルにも要注意!? 白色ワセリンで乾燥肌対策

乾燥肌
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

くしゃみや鼻水、鼻づまりや鼻のムズムズに悩まされる花粉症。花粉によるアレルギー疾患のひとつである花粉症は、一年を通して多くの方々を悩ませます。特に春は花粉の飛散種や飛散量が最も多いことから、「花粉症の季節」とも考えられています。そんな「花粉症の季節」というイメージの強い春は、花粉症だけでなく「肌トラブル」にも注意が必要となります。

そこで今回は、花粉症の季節である春の乾燥肌対策についてご紹介します。

 

■花粉症の季節に肌が乾燥するワケ

pixta_24455142_M

春は花粉症だけでなく、「乾燥肌」にも気をつけるべき季節です。気候の変化や昼夜の温度差の激しい春は皮膚のバリア機能が低下しがち。そのため、肌の水分と油分のバランスが崩れがちになり、肌も乾燥しやすくなっているのです。また、3月以降になると紫外線の量も増えます。紫外線量が増えると肌への負担も増加し、乾燥しやすくなるのです。ほかにも、春になると花粉症によって目をこすったり鼻をかんだりすることが多くなり、その摩擦で「花粉皮膚炎」になりやすい傾向がみられます。このように、さまざまな要因が重なり、春は乾燥肌などの肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

 

■花粉皮膚炎とは……

pixta_6765028_M

春に乾燥肌を引き起こす要因のひとつである花粉皮膚炎。花粉皮膚炎とは、肌のバリア機能が低下し、赤みや粉吹きなどの炎症を起こす皮膚炎を指します。花粉皮膚炎の主な症状としては、以下のものがあげられます。

 

【花粉皮膚炎の主な症状】

・ニキビのような、赤くて細かい湿疹が出る

・白い粉吹きがところどころ見られる

・目や鼻周りの肌の色が、ほか箇所の肌の色と異なる

・マスクと肌が擦れ合う箇所がヒリヒリする

 

■花粉症シーズンの乾燥肌対策には、白色ワセリン

pixta_20322127_M

さまざまな要因が重なって引き起こされる春の乾燥肌。特に花粉皮膚炎などの症状がひどければ、メイクもできず、痛みで基礎化粧品すら付けることができなくなってしまいます。そんな花粉皮膚炎などの乾燥肌を予防するには、乾燥肌対策が不可欠です。とはいえ、ホルモンバランスが乱れがちな春は、肌も敏感になっています。

そんな敏感肌の乾燥肌対策には、低刺激の保湿剤である「白色ワセリン」が効果的です。白色ワセリンは不純物が少なく、数多くあるワセリンの中でも精製度が高いのが特徴です。肌への刺激が少ないため、肌が敏感な赤ちゃんにも使うことができます。

 

これまで春になると肌トラブルに悩まされていた方は、肌に優しい白色ワセリンで肌トラブルを予防・改善してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介された商品について

白色ワセリン

手足のヒビ・アカギレや乾燥した肌、唇の保護にも

白色ワセリンについてくわしく見る

白色ワセリン [ソフト]

手足のヒビ・アカギレや乾燥した肌、唇の保護にも
柔らかく不純物の少ないワセリン

白色ワセリン [ソフト]についてくわしく見る

花粉症の時期は肌トラブルにも要注意!? 白色ワセリンで乾燥肌対策

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

花粉症の時期は肌トラブルにも要注意!? 白色ワセリンで乾燥肌対策

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ