2018.04.20 エコ家事

一晩つけ置きするだけ!残り湯を利用した浴槽の楽ちん掃除法

エコ家事
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

入浴はリラクゼーション効果があるため、できれば毎日浸かりたいもの。1日の終わりに湯船にゆっくり浸かると、その日の疲れがスーッと抜けていくような気がします。
湯船に浸かった後は、汚れが残らないよう浴槽を掃除しなくてはなりません。それを面倒に感じる方も多いはず。しかし、とっても楽に行える浴槽の掃除方法があるのです。
そこで今回は、簡単に行える浴槽の掃除方法をご紹介します。

 

残り湯の使い方

湯船に浸かると、その後に残り湯を処理しなくてはなりません。残り湯をそのまま捨ててしまう方も多くいます。ただし、入浴には大量の水を使うため、そのまま捨てるのはもったいないと感じてしまう方もいるかもしれません。そんな方の中には、残り湯を洗濯に使う方もいます。捨てるはずの水を洗濯に使うと節水にもつながるため、エコ意識の高い方にはおすすめです。とはいえ、残り湯を使った洗濯に対して衛生面が気になってしまうという方も少なくありません。
そんな方には、掃除に用いる方法がおすすめです。

 

残り湯を使って楽々掃除

2

1日の疲れを癒やす浴槽には、さまざまな疲れが付着しています。その代表的な汚れといえば、湯垢です。触るとザラザラする湯垢には、水道水に含まれるカルシウム分の他に、皮脂や汗などの汚れが含まれています。皮脂や汗は酸性のため、掃除には重曹を用いるのがおすすめです。アルカリ性の重曹は、酸性汚れを中和して落とす働きがあります。そのため、皮脂や汗の汚れを落とすのに効果的なのです。
そこでおすすめなのが、重曹と残り湯を使った浴槽掃除です。残り湯に重曹を加えることで、簡単に浴槽の湯垢汚れを落とすことができます。

 

とっても簡単!残り湯×重曹を使った掃除方法

3

残り湯と重曹を使った浴槽の掃除方法は、以下の通りです。

【用意するもの】

・重曹……1カップ程度
※お湯の量や汚れ具合によって増減

【掃除方法】

1.残り湯に重曹を入れ、よく混ぜます。
2.洗面器やイスなど、汚れが気になるバスグッズも一緒に入れます。
3.そのまま一晩、つけ置きします。
4.翌日、お湯を捨ててからスポンジで軽くこすり洗いします。
5.シャワーで洗い流せば、完了です。

 

浴槽の掃除は、何かと面倒に感じるもの。それが残り湯と重曹を使えば、つけ置きするだけでとっても楽に掃除できるのです。浴室の汚れで気になるのは、浴槽だけでなく洗面器やイスなどのバスグッズも気になります。それらを一緒にきれいにできる残り湯掃除で、時短掃除を行いましょう。

この記事で紹介された商品について

重ソウ

野菜のアク抜きや家庭のお掃除に

重ソウについてくわしく見る

一晩つけ置きするだけ!残り湯を利用した浴槽の楽ちん掃除法

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

一晩つけ置きするだけ!残り湯を利用した浴槽の楽ちん掃除法

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ