2017.04.10 インフルエンザ予防について

アルコール手指消毒剤の正しい使い方

インフルエンザ予防について
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

インフルエンザの感染予防法のひとつに、「アルコールによる手指の消毒」があります。アルコール手指消毒剤を使って手指を消毒することで、流水手洗いでは落としきれなかったインフルエンザウイルスやバイ菌を効果的に除菌することができます。しかし、いくらアルコール手指消毒剤を使って手指を消毒していても、正しい使い方や手順で使用されていなければアルコールの消毒効果がきちんと発揮されないこともあります。

そこで今回は、アルコール手指消毒剤の正しい使い方や手順についてご紹介します。

 

■アルコールの効果を発揮させるために

アルコール手指消毒剤を用いて手指の消毒を行う際、アルコールの除菌効果を最大限に発揮させるためには砂やホコリ、油汚れなど目に見える汚れを洗い流しておく必要があります。特にガーデニングや砂遊び、魚や肉などに触れた後は水や石けんを用いてきれいに流水手洗いをしておきましょう。汚れをしっかりと洗い流した後は、タオルなどで水気を拭き取っておくことが大切です。

アルコール手指消毒剤は、手指全体にムラなく行き渡らせる必要があります。そのため、手のひらや手の甲はもちろん、指の間や指先に至るまでまんべんなくすり込むようにしましょう。

 

正しい使い方の手順

手のひらだけでなく、手の甲や指の間にもまんべんなくすり込む必要があるアルコール手指消毒剤。そんなアルコール手指消毒剤の正しい使い方の手順は、以下の通りです。

 

1.適量の消毒剤を手のひらに取ります。

2.片方の手の指先で、他方の手のひらに馴染ませます。

3.両手のひら全体に、消毒剤をよくすり込みます。

4.両手の甲全体にも消毒剤をすり込みます。

5.両手の指を組み、指の間にもしっかりと消毒剤をすり込みます。

6.片方の手でもう片方の親指を包み込み、両手の親指にもしっかりと消毒剤をすり込みます。

7.両方の手首にまでしっかりと消毒剤をすり込みます。

 

使用する上で注意すべきこと

インフルエンザの感染予防に効果を発揮するアルコール手指消毒剤。そんなアルコール手指消毒剤は、手指全体にササッと行き渡らせるだけでなく、しっかりとすり込むことが大切です。すり込む度合いの目安としては、消毒剤が乾くまですり込むようにしましょう。「もったいないから」といって少量の消毒剤しか使わないのであればあまり効果は期待できません。手指全体から手首に至るまでまんべんなく行き渡る程度の量を手に取り、使用することが大切です。

 

インフルエンザが流行する時期はインフルエンザを効果的に予防するためにも、流水手洗いの後や外出先などで積極的にアルコール手指消毒剤を用いるようにしましょう。

この記事で紹介された商品について

ケンエークリーン アルコールA

包丁、マナ板、フキンなどの調理器具、調理台、冷蔵庫などの調理機器の除菌に

ケンエークリーン アルコールAについてくわしく見る

アルコール手指消毒剤の正しい使い方

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

アルコール手指消毒剤の正しい使い方

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ