2017.04.14 インフルエンザ予防について

インフルエンザなんて怖くない!流水手洗いとアルコール手指消毒剤で徹底除菌

インフルエンザ予防について
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

インフルエンザに感染すると、二次感染を防ぐために一週間は安静にしておく必要があります。インフルエンザの感染力は非常に強く、学校などでは学校保健安全法に基づき「出勤停止期間」が設けられているほどです。つらい全身症状を引き起こすインフルエンザは、仕事や家事にも大きな支障をきたすため、可能な限り感染は避けなければなりません。

インフルエンザを効果的かつ手軽に予防するには、どのような予防法があるのでしょうか。

 

■効果的かつ手軽に除菌したいなら

アルコール手指消毒剤は、インフルエンザの効果的かつ手軽な予防法のひとつです。アルコールにはウイルスやバイ菌の消毒効果があるため、アルコール手指消毒剤を用いて手指の消毒を行うことで、インフルエンザなどの各種ウイルスを10秒ほどで不活性化させることができます。また、アルコール手指消毒剤は水や石けんを用いることなく手指の消毒を行うことができ、タオルなどで拭き取る必要もないことから、外出先でも手軽にインフルエンザの予防を行うことができます。

 

アルコール手指消毒剤の活用は外出先での手指の殺菌・消毒に非常に効果的ですが、手洗いができる環境であれば他の効果的な方法として「流水手洗い」をあげることができます。アルコール手指消毒剤の効果を最大限発揮させるためにも、流水手洗い後のアルコール手指消毒が推奨されています。

 

流水手洗いの正しい手順

流水手洗いはインフルエンザの効果的な予防法であるとはいえ、正しい方法で流水手洗いが行われていなければ感染や発症を防ぐことが困難となります。目に見える汚れが残っていなければ流水手洗いはおろそかになりがちですが、手指の隅々までしっかりと洗って石けんを洗い流すことで、インフルエンザは効果的に予防することができるのです。以下では、流水手洗いの正しい手順や方法についてご紹介します。

 

1.水で手を全体的に濡らします。

2.石けんを手のひらに取り、しっかりと泡立てます。

3.手の甲を揉みほぐすように洗います。

4.両手を組み、指の間までしっかりと洗います。

5.片方の手でもう片方の親指を包み込み、丹念に洗います。

6.手のひらに指を立て、指先をすり込むようにゴシゴシと洗います。

7.手首をしっかりと洗います。

8.手のひらから手首まで全体的に洗い終われば、水でしっかりと石けんを洗い流します。

9.水気をきれいに拭き取ります。

 

日常的な対策でインフルエンザを徹底予防

インフルエンザを効果的に予防するには、こまめな流水手洗いやうがい、アルコール手指消毒が不可欠です。帰宅時に流水手洗いやうがいを行うのはもちろん、外出先での食事の前や不特定多数の方が触れるつり革や手すりに触れた後などにもアルコール手指消毒を行い、徹底的にインフルエンザを予防することが大切です。

インフルエンザなんて怖くない!流水手洗いとアルコール手指消毒剤で徹底除菌

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

インフルエンザなんて怖くない!流水手洗いとアルコール手指消毒剤で徹底除菌

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ