2018.08.24 インフルエンザ予防について

インフルエンザの予防接種は、どの時期がおすすめ?

インフルエンザ予防について
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

インフルエンザを予防する方法として、多くの人が毎年受けている予防接種ですが、どの時期に受けるのが一番効果的なのでしょうか?ここでは、大人の場合はもちろん、子どもや高齢者、妊婦など、様々なケースについて詳しく解説します。

そもそも、インフルエンザの予防接種とは?

pixta_21968830_M

インフルエンザワクチンとは

インフルエンザには何種類かの型がありますが、毎年流行するタイプが異なります。このため、世界保健機関が流行する型を毎年予測し、それに基づいて日本も製造するワクチンの型を決定し、ワクチンを製造しています。決定した型のウイルスを鶏の卵に注射しウイルスを増殖させ、感染力を持たないように処理したものを不活性ワクチンと呼び、これが予防接種のためのインフルエンザワクチンとなります。

インフルエンザワクチンを接種すると、体の中の免疫細胞がウイルスを認識して、抗体をつくります。抗体ができるまでには2~3週間かかり、抗体ができた後も効果がずっと続くわけではありません。接種後3~5ケ月ほどで効果が薄れていくこと、さらに年ごとに流行するインフルエンザの型が異なることもあり、毎年流行の時期と流行の型を見極めて予防接種を受けることが推奨されています。

 

予防接種を受ける理由

インフルエンザの予防接種によって、100%インフルエンザの感染が防げるわけではありません。しかし、インフルエンザが重症化するのを防ぐといわれているため、合併症を起こしやすいハイリスクの人(高齢者、基礎疾患のある人など)は、特にインフルエンザの予防接種を受けるメリットが大きいといわれています。

 

費用はどのくらい?

インフルエンザのワクチン接種は病気に対する治療ではないため、健康保険の適用にはならず、原則的に全額自己負担です。費用は医療機関によって違いがあるため、接種を希望する医療機関に直接確認する必要があります。

 

なお、予防接種法に基づく定期接種の対象者(65歳以上の人、60~64歳で心臓もしくは腎臓もしくは呼吸器などに障害があり身の回りの生活を極度に制限される人、60~64歳でヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な人)については、市町村によってインフルエンザ予防接種の費用が公費負担になる場合があります。さらに、地域によっては独自の助成事業の対象になる場合もありますので、市町村窓口に確認してみましょう。

 

ケース別、予防接種はいつ受けるべき?

ベストタイミングはこの時期!

日本におけるインフルエンザのシーズンは12~4月頃です。例年一番の流行のピークは、1月末~3月上旬となることが多いため、12月中旬までにはワクチン接種を終えておくのが理想的です。

大人の場合

大人のインフルエンザの予防接種は、1回接種が原則です。このため、健康な成人の場合には、上記の原則通り、12月中旬までにワクチン接種をしておきたいところです。

子どもの場合

13歳未満の子どもの場合、インフルエンザの予防接種は2回行うのが原則です。通常の流行のピークでインフルエンザにかからないようにするなら、10月中に1回目を接種し、それから3~4週間あけて11月中に2回目を接種するのがおすすめです。

乳幼児の場合

生後1年までの赤ちゃんは免疫の働きがまだ十分ではなく抗体ができにくいため、保育園などで集団生活をしていない場合には予防接種をするよりも、感染をさける生活をすることを勧められるのが一般的です。1歳以降で集団生活が始まった場合には、三種混合ワクチンなどの、必ずしなければならない予防接種の合間に、可能ならば受けるようにすると良いでしょう。上記の子どもの場合と同様、12月中旬までに2回受けられれば理想的です。成人よりも抗体ができにくいため、予防接種を受けてもインフルエンザにかかってしまうことの多い年代ですが、かかった際の重症化を防ぐという効果はあります。

高齢者の場合

成人の場合と同様、原則1回接種です。12月中旬までには1回接種を受けておくようにしましょう。なお、重症化しやすいなどの特別な理由がある場合には、10月と11月のように2回接種することもあります。

受験生の場合

受験生の場合には、ちょうど受験シーズンとインフルエンザの流行期が重なります。このため、一番大事な受験シーズンにインフルエンザに感染しないよう、スケジュールを合わせて予防接種することをお勧めします。10月あるいは11月に1回接種するのが基本ですが、たとえば国公立大学を受験して3月の後期入試まで抗体を持続させたい場合などは、念のために2回接種するという考え方もあります。

妊娠中の場合

日本で使用されているインフルエンザワクチンは、生ワクチンではないため重篤な副作用は起こらないと考えられており、一般的には妊娠中のすべての時期において受けても安全であるとされています。しかし、妊娠時の母体の状態は人それぞれ違うため、主治医と相談してインフルエンザの予防接種を受けるか受けないか、受ける場合にはいつ受けるかを決める必要があります。その上で、予防接種を希望する場合は、流行期に合わせて10~11月頃には受けておくのが一般的なスケジュールとなります。

妊娠を希望している人の場合

不妊治療などを受けていて、妊娠を希望している人の場合、インフルエンザの予防接種を受けた方がよいのか、受けない方がいいのかと迷う場合があります。基本的には日本のインフルエンザワクチンは生ワクチンではないため、重篤な副作用も報告されていません。胎児への影響はないとする研究報告もあるため、妊娠を希望している期間中にインフルエンザの予防接種を受けても問題はないといわれています。不妊治療を始める前に予防接種を受けておけば、妊娠後のインフルエンザ感染のリスクが減るため、うまく時期が合うならあらかじめ受けておくと良いでしょう。個人の体質や、感染しやすい環境にあるかどうかによっても判断は異なるため、接種については主治医と相談することをお勧めします。

 

予防接種の時期が早すぎるとどうなる?遅すぎるとどうなる?

pixta_38950432_M

早すぎた場合

インフルエンザの予防接種は、接種後1~2週間たつと抗体が現れます。約1ケ月でピークに達しますが、その後は3~4ケ月かけて徐々に低下していくため、ワクチンの効果が期待できるのは接種後2週間から約5ケ月までと考えられています。しかし、インフルエンザの予防接種をする時期が早すぎた場合、早めに抗体も減ってしまうため、春先に流行するインフルエンザに効果が期待できないことがあります。

遅すぎた場合

インフルエンザの流行が始まってからインフルエンザの予防接種を受けた場合、抗体が充分にできる前に感染してしまうリスクは高まります。しかし、たとえば年明けの1月に予防接種を受けた場合には、春先に遅れて流行するインフルエンザに対しては十分な抗体を持つため、無意味ではありません。必要性を感じたら、時期が少し遅くても接種して問題はないでしょう。

 

まとめ

インフルエンザの予防接種は、インフルエンザに対する抗体ができる期間が必要なことや、その効果が持続する期間に限りがあるために、接種するタイミングが重要になってきます。早く流行する年もあれば、春先になってから流行する年もあるため、自分の状況に加えて、そのシーズンの傾向を確認しながら効果的なタイミングを見極めて接種するようにしましょう。

インフルエンザの予防接種は、どの時期がおすすめ?

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

インフルエンザの予防接種は、どの時期がおすすめ?

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ