2016.09.23 ノロウイルスなど感染症予防について

その方法で大丈夫?ノロウイルス感染者の嘔吐物の正しい処理法

ノロウイルスなど感染症予防について
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

吐き気や嘔吐、腹痛や下痢などの諸症状をもたらすノロウイルス。特に嘔吐や下痢などの症状は辛く、「トイレから出られない……」という経験のある方も多いはず。トイレまで間に合わずに、床やカーペットの上に吐いてしまったことのある方もいるかもしれません。床やカーペットの上に吐いてしまった場合、適切に処理しなければ二次感染を招く恐れがあります。
そこで今回は、ノロウイルス感染者による嘔吐物の正しい処理方法についてご紹介します。

■ノロウイルスの感染力

カーペット

ノロウイルスが体内に入った場合、小腸で感染し、増殖するといわれています。そのため、ノロウイルス感染者による嘔吐物や便には大量のノロウイルスが含まれており、それらを処理するには十分な注意が必要となります。なお、ノロウイルスの感染力や生命力は非常に強く、約2週間前に嘔吐して汚れたカーペットからの二次感染が起きたという事例も報告されています。また、嘔吐物の処理が不十分であったため残っていたノロウイルスが乾燥によって空気中に舞い上がり、それを吸い込んでノロウイルスに感染してしまったという事例もあります。感染力の強いノロウイルスの二次感染を防ぐには、ノロウイルスに感染した嘔吐物など適切に処理し、徹底して消毒する必要があるのです。

■嘔吐物の正しい処理方法

掃除道具

ノロウイルスに感染した嘔吐物の正しい処理方法は、以下の通りです。

【用意するもの】

マスク、使い捨てのビニール手袋、ビニール袋、布やタオル(ペーパータオルでも可)、使い捨て可能なエプロンやガウン、次亜塩素酸ナトリウムなどの塩素系消毒液、洗面器やバケツなど

【処理の手順】

1.マスクやビニール手袋、エプロンやガウンをしっかりと着用します。

2.布やタオル、ペーパータオルなどを用いて、嘔吐物を外側から中心に向かって包み込むように静かに拭き取ります。この際、同じ面で何度も床をこすると感染を広げてしまうことになるため、一度拭き取ればまた新たな布やタオルを用いて拭き取るようにしましょう。
※嘔吐物は、嘔吐した場所だけ拭き取るのではなく、広範囲に渡って拭き取る必要があります。約1mの高さから嘔吐した場合、その嘔吐物は半径約2mの広範囲に飛び散るといわれています。そのため、広い飛散範囲を想定して拭き取る必要があります。

3.拭き取った嘔吐物や、使用した布・タオルなどはすぐにビニール袋に入れ、ノロウイルスを失活化させる次亜塩素酸ナトリウムなどの塩素系消毒液を注ぎます。塩素系消毒液を染み込む程度まで注いだ後は、ビニール袋を固く縛って処分しましょう。

4.嘔吐物や拭き取りに使った布・タオルなどを処分した後は、嘔吐した場所やその周辺の消毒を行いましょう。塩素系消毒液を染み込ませた布やタオル、ペーパータオルなどで嘔吐した場所やその周辺を覆います。覆うのが難しいのであれば、塩素系消毒液を染み込ませた布やタオルなどで浸すように拭きます。
その後、10分程度経った後に水拭きで消毒液を拭き取ります。
※次亜塩素酸ナトリウムなどの塩素系消毒液は、金属を腐食させたり、カーペットなどを変色させたりする作用があるため、使用する際には注意が必要です。

5.嘔吐物を処理する際に使用したエプロンや手袋などの着用品や布・タオルなどは、全て処分するのが理想です。とはいえ、どうしても処分できない場合は、汚物をしっかりと落としてから次亜塩素酸ナトリウムなどの塩素系消毒液や熱湯などでしっかりと消毒しましょう。
次亜塩素酸ナトリウムなどの塩素系消毒液を用いる場合は、消毒液に30~60分程度浸しておくことで消毒できます。熱湯を用いる場合は、85℃以上の熱湯に60秒以上浸すことで消毒できます。

6.ビニール手袋をしていたとはいえ、処理後はしっかりと手洗いを行いましょう。

■仕上げはノロパンチで消毒

拭き掃除

次亜塩素酸ナトリウムなどの塩素系消毒液を用いて適切に嘔吐物を処理した後は、仕上げとしてノロパンチの使用がおすすめです。ノロパンチは有効成分のエタノールにクエン酸を加えることでpHを酸性にし、消毒効果を高めたアルコール除菌スプレーです。ノロパンチにはノロウイルスのようなノンエンベロープウイルスを除去する効果があるため、ノロウイルスの二次感染を予防することができます。
適切な方法で嘔吐物を処理した後はノロパンチで徹底的に消毒を行い、二次感染を防ぎましょう。
→さらに詳しいノロウイルスの情報はコチラからも

この記事で紹介された商品について

ノロパンチ

除菌力がアップした新しいタイプのアルコール除菌スプレー
有効成分エタノールのpHを酸性にすることで、消毒剤が効きにくいウイルスにも効果を発揮 塩素が使えない金属などの消毒に最適

ノロパンチについてくわしく見る

その方法で大丈夫?ノロウイルス感染者の嘔吐物の正しい処理法

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

その方法で大丈夫?ノロウイルス感染者の嘔吐物の正しい処理法

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ