2017.07.07 リフレッシュ

汗ばむ季節の虫よけ対策に効果的!ハッカ油とワセリンを使った虫よけバーム

リフレッシュ
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

暑い季節になると、気になるのが虫の存在です。天気のよい日だと外に出かけたくなるこの季節、公園や河川敷などを歩いていると、気づかぬ内に虫に刺されていたということもあります。虫に刺されるとかゆみを伴うのはもちろん、痕が残ることもあるため注意が必要です。しかし、だからといって子どものいる家庭では刺激性の強い虫よけスプレーはできれば使いたくないと考える方もいるかもしれません。
そこでおすすめとなるのが、「ハッカ油」を用いた虫よけ対策です。ここでは、ハッカ油を用いた虫よけ対策についてご紹介します。

 

■虫に対するハッカ油の効果

2pixta_27431474_M

スーッとした清涼感のある香りが特徴のハッカ油には、虫に対する忌避効果があります。一部の虫に対してではありますが、蚊やゴキブリ、ダニやハエ、蜘蛛など身近な虫に対する忌避性はあるため、一般家庭における虫よけ対策に効果的であるといえます。
そんなハッカ油を用いた虫よけ対策のひとつに、「ハッカ油スプレー」があります。スプレー容器に水と無水エタノール、ハッカ油を混ぜ合わせて作ったハッカ油スプレーは、シュッと吹きかけることで簡単に虫よけ対策が行えるため、夏に重宝する虫よけアイテムとなるのです。

 

■汗で流れるのが気になる

手軽に使用できるハッカ油スプレーではありますが、ハッカ油は汗をかくとすぐに流れてしまいます。虫に対する忌避性があったとしても、汗ですぐ流れてしまってはあまり効果が期待できません。暑い季節になればなるほど汗をかく度にハッカ油スプレーを用いていては、手間がかかってしまいます。ハッカ油が汗で流れてしまうのを防ぐには、汗で簡単に流れないような虫よけアイテムを用いることが大切です。
そこでおすすめとなるのが、ハッカ油にワセリンを加えて作る「ハッカ油バーム」です。

 

■ハッカ油バームの作り方

3pixta_20019968_M

ハッカ油とワセリンを用いて作るハッカ油バームは、汗をかいても流れにくく、効果的に虫よけ対策を行うことができます。そんなハッカ油バームの作り方は、以下の通りです。

 

【用意するもの】
・ハッカ油……5滴~6滴
・ワセリン……10g
・密封容器

 

【作り方】
密封容器にハッカ油とワセリンを入れ、しっかりと混ぜ合わせれば完成です。ハッカ油バームは、作ってから1週間~2週間を目安に使い切るようにしましょう。

 

ハッカ油には化学物質が一切使われておらず、ハッカの葉茎から抽出して作られる天然成分であるため身体に無害です。そのため、子どもやペットのいる家庭でも安心して使用することができ、効果的に暑い季節の虫よけ対策に役立てることができます。

汗をかいても流れにくいハッカ油バームを使い、身体に優しく虫よけ対策を行いましょう。

 

この記事で紹介された商品について

ハッカ油

お風呂に、虫よけに

ハッカ油についてくわしく見る

ハッカ油(スプレー式)

お風呂に、虫よけに

ハッカ油(スプレー式)についてくわしく見る

白色ワセリン

手足のヒビ・アカギレや乾燥した肌、唇の保護にも

白色ワセリンについてくわしく見る

汗ばむ季節の虫よけ対策に効果的!ハッカ油とワセリンを使った虫よけバーム

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

汗ばむ季節の虫よけ対策に効果的!ハッカ油とワセリンを使った虫よけバーム

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ