2018.04.16 リフレッシュ

ちょっとしたおかずにぴったり!鶏ささみと白菜のクエン酸ごま和え

リフレッシュ
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

冬が旬の野菜といえば、白菜です。鍋に欠かせない食材でもあり、鍋をすることの多い冬は白菜が欠かせません。常に冷蔵庫にストックしている家庭も多いかもしれません。
そんな白菜は、鍋以外にもさまざまなレシピに使えます。クエン酸と一緒に調理することで、お手軽に疲労回復レシピも作れるのです。
そこで今回は、白菜で作るクエン酸レシピをご紹介します。

 

残り物の具材、どうしてる?

2

冬は、鍋の季節です。さまざまな具材を一度に調理できる鍋は、簡単レシピの代表格でもあります。しかし、具材を買い過ぎると余らせてしまうこともあるかもしれません。特に白菜は大きいため、1/2個を買ったとしても余らせてしまうこともしばしばあります。だからといって、使い切るために毎日が鍋だと口も飽きてしまうもの。
そこでおすすめなのが、白菜を使った一品レシピです。白菜に鶏ささみとごまを加えることで、白菜を使ったお手軽レシピが出来上がります。

 

クエン酸を加えておいしく健康アップ

人の味覚は、pH5.8のものを最もおいしく感じるといわれています。pH5.8は、少し酸味を感じる程度のものです。唐揚げや焼き魚などにレモンを絞り、少し酸味を加えて食べるのは理にかなった食べ方でもあるのです。
鶏ささみと白菜のごま和えにレモンを絞っても、おいしく召し上がれます。しかし、毎回レモンをカットして絞るのは手間でもあります。また、レモンは決して安くはないため、手軽に用いることもできません。
そこでおすすめとなるのが、「クエン酸」です。クエン酸は、疲労回復効果のある白色や無色の結晶です。クエン酸はレモンにも含まれているため、レモンをかけた場合と同じ味を再現できるのです。
鶏ささみと白菜のごま和えにクエン酸を加えることで、酸味が利いてうま味も増します。料理にクエン酸を加えると、手軽においしい疲労回復レシピが出来上がるのです。

 

クエン酸を使った鶏ささみと白菜のごま和えレシピ

3

クエン酸を使った鶏ささみと白菜のごま和えレシピは、以下の通りです。

【用意するもの】

・白菜……6枚~7枚
・鶏ささみ肉……200g
・にんじん……1/2本
・白ごま……大さじ3杯 (ドレッシング)
・クエン酸……小さじ1杯
・ごま油……大さじ1杯
・しょうゆ……大さじ2杯
・サラダ油……大さじ3杯
・塩コショウ……少々
・しょうがのすりおろし……少々

【作り方】

1.蒸したささみを、細長く裂きます。
2.にんじんを千切りにします。
3.サッと茹でて水にさらし、水気を切った白菜を、5mm幅程度に細切りします。
4.1~3をボウルに入れ、白ごまを加えます。
5.混ぜ合わせたドレッシングで和えれば、完成です。

 

鍋の具材で白菜を残してしまっても、クエン酸があれば次の日も鍋をする必要はありません。クエン酸を使って一品料理を作り、さまざまな白菜レシピを楽しみましょう。

この記事で紹介された商品について

クエン酸(結晶)

乳酸飲料やシソジュースの材料に

クエン酸(結晶)についてくわしく見る

ちょっとしたおかずにぴったり!鶏ささみと白菜のクエン酸ごま和え

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

ちょっとしたおかずにぴったり!鶏ささみと白菜のクエン酸ごま和え

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ