COLUMN
コラム

2021-09-01

乾燥肌

アルコール消毒・石けん手洗いなどによる手指の荒れ

感染症のシーズンである冬場は、アルコール消毒、石けんによる手洗い、マスクの着用など皮膚へ負担となってしまう要因が多くなる時期でもあります。感染対策には必要なことではありますが、繰り返し使用や敏感肌の方では、肌のうるおいを奪い乾燥しやすくなってしまうことがあります。

マスクの女性の写真

石けん・ハンドソープによる手洗いでは汚れなどを落としてくれる成分である界面活性剤が、手指の消毒に広く使われているアルコール(エタノール)消毒ではそのアルコール成分自体がもつ脱脂作用が、肌のうるおいを守ってくれる皮脂膜を過剰に落としてしまう事があります。

手を重ねた写真

そのため、手洗いの頻度が増えてくれば、どうしても手指の荒れや乾燥に悩まされる方が増えてきます。さらに乾燥や荒れた患部はバリア機能も低下しているため、“しみる”、“痛い”、と感じる事も多くなり、手洗いが億劫になってしまうという悪循環になりかねません。

これを回避するためには、シンプルではありますがこまめにケアをすることが大切です。ヘパリン類似物質は、保湿作用などをもつ成分で肌の内部の角質層まで浸透し効果を発揮します。

特に乾燥に伴う症状が気になる方は、感染対策と併せて行う習慣の1つとしてハンドケアも取り入れてみましょう。

この記事を読んだあなたに
おすすめの製品

製品写真

ヒルマイルド製品情報

このコラムが気に入ったら
シェアしよう!

手を重ねた写真

アルコール消毒・石けん手洗いなどによる手指の荒れ

LIVING INFORMATION健栄生活

「健栄生活」は消毒用エタノールのトップメーカー、
健栄製薬が提供するお役立ち情報コラムです。
健栄製薬の製品を用いた、主婦・女性の方が日常生活に役立つ
様々な情報をコラム形式で配信しております。

お役立ち情報はこちら

PAGETOP