2020.09.14 乾燥肌

【医師監修】ワセリンとは?使い方の基本から応用、副作用はあるの?

乾燥肌
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

空気が乾燥している冬場はもちろん、エアコンの効いた室内で過ごすことが多くなる夏場にも肌の乾燥は気になるもの。こうした乾燥肌の対策にはワセリンがいい、とよく聞きますが、そもそもワセリンとは何なのか、どのような効果があるのかご存じでしょうか。今回は、薬局・ドラッグストアなどでも手軽に買えるワセリンの特徴や使い方についてご紹介します。

ワセリンとは?

ワセリンとは石油から精製された保湿剤で、肌に薄い膜を作り、肌から水分が蒸発するのを防いでくれます。石油が原料だと聞くと、肌に良くない印象を受けるかもしれませんが、天然成分である石油を高純度に精製することで、肌に刺激の強い不純物はほとんど取り除かれているため、刺激性が少なく、赤ちゃんから大人まで使いやすいといわれています。

ワセリンは、精製度によって色が異なるのが特徴です。一般的に、純度の低いものは黄色味を帯び、純度が高くなるほど白色になります。精製度の高い「白色ワセリン」は医療機関でも扱われているほか、薬局・ドラッグストアでも購入可能です。白色ワセリンの中でも特に高純度の製品は、不純物の含有率が低いため刺激が弱く、アトピー性皮膚炎の方や、肌がデリケートな赤ちゃんにも使用できると考えられています。

肌に優しいイメージ

ワセリンに副作用はある?

一般的には、ワセリンの使用による副作用は出にくいとされています。大量に体内に摂取した場合は、吐き気や下痢などを引き起こす可能性がありますが、手や口に付着したワセリンが食べ物を介して口に入る程度なら問題はないため、荒れた唇の保湿や、口紅の下地としても安心して使えます。また、ワセリンの使用によるアレルギーの心配もほとんどないといわれています。
ただし、肌の弱い人が純度の低いものを使用すると、かぶれなどのトラブルが生じることがあります。使う前に二の腕の内側に少量を付け、肌が赤くなったりかゆくなったりしないか、確認してから使用するとよいでしょう。

ワセリンの基本的な使い方

顔に保湿剤を塗る女性イメージ

ワセリンは、肌の表面に膜を作り水分を蒸発させないように保護する役割を果たします。そのため、ワセリンだけで肌に水分をプラスすることはできません。先に、水分や油分の入ったアイテムで保湿ケアを行ってからワセリンを重ねて塗るようにしましょう。ワセリンは常温では固形状のため、手のひらに取って少し温めてから塗ると薄くのばしやすくなります。
なお、ワセリンに炎症を抑える作用はないので、強いかゆみや痛みなどの症状がある場合は、医療機関を受診するか、薬剤師に相談しましょう。

●入浴後や洗顔後の肌の保湿
ワセリンは刺激性が少ないので体から顔まで全身に使えます。入浴後や洗顔後など肌が湿っている時は、ワセリンをのばしやすい上に、その潤いを閉じ込めることができます。化粧水や乳液などで保湿した後、仕上げにワセリンを塗ると、就寝中の肌の乾燥からしっかり守ってくれます。また、夏場に素足でサンダルを履く機会が増えると、かかとのひび割れに悩む人も多いのではないでしょうか。そうした乾燥が気になる箇所にも念入りにワセリンを塗り込んでから、靴下を履いて寝ると効果的です。

●唇の保湿
少量のワセリンを唇に薄く伸ばすように塗ると、唇の乾燥を防ぎ、リップクリームの代わりとして使えます。乾燥が気になる時は、塗布後にラップを当ててしばらく置き、パックをするのもオススメです。また、口紅を塗った上にワセリンを薄く塗れば、口紅の色落ち防止にもなります。マットな仕上がりになってしまうリップコートがあまり好きではない方や、メイク直しの時間がない時には重宝するテクニックでおすすめです。

●ヘアケア
ワセリンは髪の毛の保湿や保護にも効果が期待できます。シャンプー後、タオルドライした髪全体にワセリンをもみ込んでからドライヤーで乾かすと、熱風や摩擦によるダメージから髪を守ってくれます。乾燥しやすい毛先は念入りに塗るとよいですが、髪の毛全体に付け過ぎるとべたべたしてしまうので気を付けてください。ヘアオイルやワックスなどスタイリング剤の代わりとしても重宝します。

●日焼け後の肌の保湿
日焼けした肌は、水分がどんどん蒸発し乾燥している状態。そのため保湿が何よりも大切です。化粧水や乳液などで肌に水分を与えた後、ワセリンで肌をバリアして潤いを逃さないようにしましょう。

●赤ちゃんのスキンケア
赤ちゃんの肌は大人よりも薄いため、乾燥しやすい上に、外部からの刺激も受けやすくなっています。毎日のスキンケアとして、入浴後にワセリンを塗ると水分の蒸発を防ぐとともに、衣服などとの摩擦による刺激も抑えることができるでしょう。
また、赤ちゃんの肌トラブルで多いのが、おむつかぶれや、よだれかぶれ。汚れを優しくきれいに拭き取った後、ワセリンを塗って保護してあげましょう。なお、赤ちゃんには精製度の高い白色ワセリンを使ってください。

ワセリンの意外な使い方

日々の肌のお手入れにはもちろん、このほかにもワセリンにはさまざまな便利な使い方があります。

●練香水
ワセリンを保存容器に移し、好みの香りのエッセンシャルオイルを数滴垂らして混ぜると、自分だけの練香水を作ることができます。いい香りに癒されながら保湿もできるので、手首や耳の後ろなどに付けたり、香りのよいハンドクリームとして使ったりするのもよいでしょう。

●花粉対策
花粉で悩まされている場合は、先に紹介した練香水を少量、鼻の入り口に塗る方法がオススメです。ワセリンがマスクなどでは防ぎ切れなかった花粉をキャッチし、侵入を防いでくれると考えられています。症状がひどい時は、鼻の中に塗るのもよいでしょう。なお、帰宅時はティッシュで拭き取るか、洗顔で落としてから、改めて鼻の入り口に塗り直してください。

●ランニング時の摩擦防止
ランニング中に、ランニングウェアが肌とこすれて、内ももや股の下、脇の下、乳頭などに痛みを感じるケースは少なくないようです。走る前にワセリンを塗っておくことで、摩擦から肌を守ってくれるでしょう。さらに、足の指に塗っておけば、靴下との擦れや指同士の摩擦によってマメができるのを防ぐ効果も期待できます。
ランニング以外でも、新しい革靴を履く時などにかかとに塗っておくと靴擦れを防ぐことができるでしょう。

ランニングをする女性

まとめ

ワセリンは手軽に購入でき、さまざまな用途に使える優れもの。肌に保護膜を作ることで乾燥や刺激から守ってくれ、赤ちゃんから大人まで安心して使うことができます。毎日のスキンケアに取り入れて、健やかな肌を目指しましょう。

木村医師よりコメント
ワセリンだけでスキンケアを完結することはできませんが、乾燥対策だけでなく、靴ずれ防止などさまざまな使い方ができます。ドラッグストアでも手にいれることができるので、常備しておくと便利かもしれません。ただし、ワセリンは角質層に浸透せず、皮膚の表面にとどまるのが特徴です。「皮膚から水分が出ていってしまうのを防ぐ」ものとして使うことを頭に置いておきましょう。

監修者

監修者

医師・木村眞樹子
都内大学病院、KDDIビルクリニックで循環器内科および内科として在勤中。内科・循環器科での診察、治療に取り組む一方、産業医として企業の健康経営にも携わっている。総合内科専門医。循環器内科専門医。日本睡眠学会専門医。ビジョントレーニング指導者1級資格。

【医師監修】ワセリンとは?使い方の基本から応用、副作用はあるの?

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

【医師監修】ワセリンとは?使い方の基本から応用、副作用はあるの?

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ