2020.09.15 乾燥肌

【医師監修】ワセリンでスキンケアができる!? 賢く美肌を手に入れる方法

乾燥肌
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

美しく潤った肌を手に入れるには、毎日のスキンケアが欠かせませんが、直接肌に付けるものだからこそ、できるだけ肌に優しいアイテムを使いたいですよね。そこで注目したいのがワセリンです。今回はワセリンの効果を踏まえ、スキンケアへの活用法やメリットについてご紹介します。

ワセリンはスキンケアに向いている?

●ワセリンとは
ワセリンとは、天然成分である石油から作られた保湿剤です。原料が石油と聞くと、肌に付けてもよいのか心配になるかもしれませんが、精製によって不純物はほとんど取り除かれるため刺激が少なく、アレルギー反応などの副作用もほとんどないとされています。保存料や香料が無添加の製品も多く市販されており、アトピー性皮膚炎や敏感肌の人も使用できるアイテムと考えられています。

●ワセリンの優れた保湿力
こうしたワセリンの注目すべき効果といえるのが、その高い保湿力です。というのも、ワセリンを肌に塗ると表面に薄い油膜が作られます。ラップで包まれたように肌が覆われるため、肌の内部から水分が蒸発するのを防いでくれると考えられています。さらにワセリンによる油膜は、衣類などとの摩擦や刺激から肌を守る役割も果たします。こうした2つの効果に着目し、ワセリンをスキンケアに用いる方法が注目されています。

保湿クリームを使う女性

ワセリンを使ったスキンケア

まずは、ワセリンを使ったスキンケアの手順とポイントを紹介します。

●手順
1. 洗顔後、化粧水や乳液などで肌を整える。
2. 少量のワセリンを手にとり、手のひらで温めながら薄くのばす。
3. その手で顔を包み込むように押し当てながら、ワセリンを付ける。顔の皮膚は薄く摩擦に弱いため、こすらないように気を付ける。
4. 乾燥しやすい目元や口元には、集中的に重ね付けするとよい。唇の保湿にも使える。

●ポイント
・ワセリンを塗る前に水分を補う
ワセリンそのものに水分を補ったり、肌内部まで浸透したりする働きはありません。ワセリンだけのケアを続けていると、かえって肌の乾燥が進む恐れがあります。化粧水などで水分を補ったうえで、仕上げとしてワセリンで肌にフタをするようにしてください。
・白色ワセリンを使用する
ワセリンは精製度が高くなるにつれて薄い黄色から白色に近づき、刺激も少なくなります。一般的に薬局やドラッグストアで販売されているものは、精製度の高い「白色ワセリン」といわれるものです。体より皮膚が薄く刺激に敏感な顔には、この白色ワセリンを使ってください。また、アトピー性皮膚炎や敏感肌の人、乳幼児が使用する場合は、白色ワセリンの中でも精製度の高い製品を選びましょう。

・少しずつ、薄く付ける
ワセリンをたくさん付けると、べたつきやテカリのもとになります。顔に塗る時は米粒1、2つ分を目安に手にとるようにしましょう。足りないと感じたら、同量をプラスして、少しずつ足すことを心がけましょう。

ワセリンでスキンケアを行うメリット

●使い続けやすい、手頃な価格
スキンケアで大切なのは、適切な量の水分と油分を与えること、そしてそれを継続して行うことです。たとえ美容成分がふんだんに配合された高価なスキンケア製品を選んでも、もったいないと思って少量しか使わなかったり、ときどきしか付けなかったりすると、その効果を十分に得るのは難しいです。その点、ワセリンは薬局やドラッグストアなどでリーズナブルに購入できるので、毎日継続して使いやすいでしょう。

●赤ちゃんの肌にも使えるほど安心・安全
赤ちゃんの肌は弾力があってみずみずしいイメージがありますが、実は大人の皮膚の約半分の厚さで皮脂量も少ないため、刺激に弱く乾燥しやすいといわれます。不純物が少なく肌に優しいワセリンは、そのようなデリケートな肌にも使用できるとされているため、安心して使うことができるでしょう。
なお、ワセリンはアレルギー反応など副作用の心配はほとんどないとされていますが、ごくまれに、かゆみや赤みといった症状がみられることもあるようです。赤ちゃんや敏感肌の人が使用する時は、事前に二の腕などに塗ってしばらく時間をおき、かゆみや赤みの反応がないか様子を見てから顔に塗るようにしましょう。

●スキンケアの時間を短縮できる
一般的なスキンケア製品には、化粧水や乳液などの基本アイテムにプラスして用いるクリームや美容液などのラインアップがそろっていますが、疲れている時や夜遅く帰宅した日は、肌のお手入れを面倒に感じることがあるかもしれません。そのような時は、乳液や保湿クリーム、美容液といった基礎化粧品の代わりにワセリンを使うことで、就寝前のスキンケアが省略できて時短になるでしょう。

●全身のスキンケアにも使える
顔のケアに使えるワセリンは、手やひじ、ひざなど身体の乾燥が気になる部分など、全身に使えます。入浴後など肌がやわらかくなっている時に塗るとよいでしょう。また、日焼けをした後の保湿ケアにもワセリンがオススメです。日焼けした肌からは水分がどんどん蒸発してしまいますが、そのような時にも、水分を与えた後にワセリンで油膜を作ると保湿効果が期待できます。

全身のケアを行う女性

ワセリンを扱う際の注意点

●清潔に扱う
基本的に白色ワセリンは腐ったり酸化したりする変質は起こりにくいといわれています。しかし、汚れた手でワセリンに触れると、容器内に雑菌が混入し繁殖する恐れがあります。容器からとる際は、綿棒やスパチュラを使用するか、きれいに洗った手でとるようにしてください。

●保管方法に注意する
直射日光が当たる場所や、極端に高温になる場所に長時間放置するのは、変質を招く恐れがあります。日差しが直接当たらない、室内の涼しい所に密栓して保管するようにしましょう。製品に記載された使用期限を確認し、期限を守って使いましょう。期限を越えたものは変質している可能性があるため使用を控えてください。

まとめ

副作用がほとんどないといわれ、赤ちゃんの肌にも使えるワセリンは、デリケートな顔のスキンケアにぴったりなアイテム。その高い保湿力で、肌の潤いを守ってくれます。忙しい毎日だからこそ、肌に優しくシンプルなスキンケアアイテムで、健やかな美肌を手に入れましょう。

木村医師よりコメント
ワセリンはどの年代の人でも安心して使うことができますし、スキンケアアイテムとしてもとても優秀です。ワセリンで肌を潤すことはできませんが、肌をカバーする、保湿する効果が優れているという点を理解して使うと、効果を発揮してくれるでしょう。手元にあるといろんな場面で使うことができとても便利なので、一度おためしください。

監修者

監修者

医師・木村眞樹子
都内大学病院、KDDIビルクリニックで循環器内科および内科として在勤中。内科・循環器科での診察、治療に取り組む一方、産業医として企業の健康経営にも携わっている。総合内科専門医。循環器内科専門医。日本睡眠学会専門医。ビジョントレーニング指導者1級資格。

【医師監修】ワセリンでスキンケアができる!? 賢く美肌を手に入れる方法

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

【医師監修】ワセリンでスキンケアができる!? 賢く美肌を手に入れる方法

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ