2020.09.15 乾燥肌

【医師監修】保湿力抜群のワセリンとは? 肌の保湿のメカニズムとケアの方法について 

乾燥肌
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

空気が乾燥する秋冬はもちろん、汗や皮脂で肌のべたつきやテカリが気になる夏場であっても、肌は乾燥していることがあります。そのため保湿は一年を通してしっかり行う必要がありますが、そんな保湿ケアにワセリンが活躍するのをご存じでしょうか。今回は、肌の保湿のメカニズムとワセリンを使った保湿ケアの方法についてお伝えします。

まず知っておきたい! 肌の保湿のメカニズム

潤いのある健やかな肌というのは、肌内部に十分な水分が蓄えられている状態です。そのカギとなるのが、肌の一番外側にある角質層です。角質層はわずか0.01~0.02㎜という薄さですが、乾燥や摩擦など外部の刺激から肌を守ったり、肌内部の水分が奪われたりするのを防ぐ「バリア機能」としての役割を持ちます。
この働きに大きく関わっているのが、角質層を覆う皮脂膜と、角質層内で水分を保持する細胞間脂質や天然保湿因子という物質です。通常は、これらの物質は肌から分泌されますが、何らかの要因によって不足すると、水分を保持する機能が低下しバリア機能も崩れるため、肌の乾燥が進んでしまいます。そこで、保湿ケアによって肌に水分を補うとともに、その水分が逃げないようにフタをすることが重要となるのです。

保湿力に優れたワセリン

保湿剤のイメージ写真

●ワセリンとは
ワセリンは、天然成分である石油を精製して作られた保湿剤です。保湿剤としてそのまま肌に塗るだけでなく、軟膏など塗り薬のベース(基材)として使われたり、市販のリップクリームの成分にも用いられたりしています。精製度が高くなるにつれて淡い黄色から白色に変わり、肌への刺激も少なくなるのが特徴です。一般的に医療機関で処方されたり、薬局・ドラッグストアで見かけたりするものは、精製度の高い「白色ワセリン」といわれる製品です。アレルギー反応などの副作用もほとんどないと考えられており、アトピー性皮膚炎や敏感肌の人、乳幼児にも安心して使えるといわれています。

●ワセリンの作用・効果
保湿剤といっても、製品によってその作用はさまざまですが、ワセリンは肌から水分が蒸発するのを防ぐという点で活躍します。というのも、ワセリンを肌に塗ると表面に薄い油膜が作られます。この油膜が肌を覆うことで、肌から水分が蒸発するのを防いで、肌の潤いを保持してくれるのです。また、油膜には衣類などとの摩擦や刺激から肌を保護する働きも期待できます。ただし、ワセリンそのものに薬効成分はなく、ワセリン自体が肌内部に浸透することもありません。そのため保湿ケアに用いる際は、まず水分をしっかり補った上で、スキンケアの最後にワセリンを塗るようにしてください。

ワセリンを使った保湿ケア

身体の保湿にも使える

●顔の保湿
ワセリンは低刺激で肌への負担もほとんどないため、身体と比べて皮膚が薄いといわれる顔にも安心して使えます。顔の保湿に用いる場合、洗顔後に化粧水などでしっかり水分を補給してから、スキンケアの最後にワセリンを塗ってください。少量のワセリンを手のひらで温めて薄くのばしたら、その手で顔を包み込むように押し当てて付けます。この時、手で顔をこすらないことがポイントです。皮脂腺が少ない目元など乾燥が気になる部分には、重ね付けするとよいでしょう。

●唇の保湿
ワセリンは、皮膚が薄くデリケートな唇の保湿にも使うことができます。唇は摩擦による刺激に弱いため、こすらないように気を付けながら、ごく少量を優しくのせてください。また、唇が荒れたり、乾燥して皮がめくれたりするような時は、就寝前のリップパックがオススメです。まず蒸しタオルで唇を温め、ワセリンを厚めに塗った後、唇を覆うほどの大きさにカットしたラップを貼ります。3~4分程度そのまま置いたら、ゆっくりとラップをはがしてください。集中的な保湿を行うことで、ふっくらとした潤いのある唇になるでしょう。

●身体の保湿
ワセリンは、手やひじ、ひざ、かかとといった身体の乾燥が気になる部分にも使えます。カサついた肌は過敏になりがちなので、刺激の少ないワセリンをお風呂上りなどに塗るとよいでしょう。
また、日焼け後の肌の保湿ケアにも重宝します。紫外線を浴びると肌のバリア機能が低下し、水分が蒸発して乾燥しやすくなりますが、そのような時にもワセリンで油膜を作ると保湿効果が期待できます。

●髪の保湿
毛先のパサつきなど乾燥による髪のダメージが気になる時は、シャンプー後、タオルドライした髪にワセリンをなじませ、ドライヤーの温風で乾かしましょう。ワセリンの油膜がドライヤーの熱や摩擦から髪を保護してくれます。多く付け過ぎると髪がべたついてしまうため、乾燥しやすい毛先を中心に薄く付けてください。ただし、ワセリン自体が髪に浸透してダメージを修復するという効果はないため、髪の痛みが気になる場合はトリートメントなどヘアコンディショニング剤を使った上で、ワセリンによる保湿・保護を行うとよいでしょう。

●赤ちゃんの肌の保湿
副作用がほとんどないとされる白色ワセリンは、乳幼児のデリケートな肌にも使うことができます。赤ちゃんの肌は弾力があってみずみずしいイメージがありますが、実は大人の皮膚の半分ほどの厚さしかなく、皮脂量も少ないため、バリア機能が十分に働きません。そのため乾燥しやすく、摩擦などの刺激にも弱いといわれています。そこで、肌の乾燥が気になる所にワセリンを薄く塗ってあげましょう。例えば、おむつ替えの際におしりに塗ってあげると、おむつかぶれの予防になります。なお、赤ちゃんに塗る場合は、白色ワセリンの中でも精製度の高い製品を選ぶようにしてください。

まとめ

髪から足先まで全身の保湿ケアに使えるワセリン。薬局やドラッグストアで気軽に購入でき、コスパも抜群のアイテムです。乾燥しやすい部分にワセリンを塗ることで、肌本来のバリア機能を補い、肌の潤い保持をサポートしてくれるでしょう。毎日の保湿ケアにワセリンを取り入れて、乾燥知らずの肌を目指しましょう。

木村医師よりコメント
ワセリンは、全身の肌から髪まで使うことができて保湿効果は抜群ですが、水分を肌に補ってはくれません。ワセリンを使う前に、肌に水分が十分補給されている状態で使うようにしてください。肌の保湿ケアは皮膚のバリア機能を保護し、肌荒れや皮膚の病気などからも守ってくれます。日頃の保湿ケアを欠かさないようにしていきましょう。

監修者

監修者

医師・木村眞樹子
都内大学病院、KDDIビルクリニックで循環器内科および内科として在勤中。内科・循環器科での診察、治療に取り組む一方、産業医として企業の健康経営にも携わっている。総合内科専門医。循環器内科専門医。日本睡眠学会専門医。ビジョントレーニング指導者1級資格。

【医師監修】保湿力抜群のワセリンとは? 肌の保湿のメカニズムとケアの方法について 

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

【医師監修】保湿力抜群のワセリンとは? 肌の保湿のメカニズムとケアの方法について 

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ