2020.10.19 乾燥肌

【医師監修】子どもはなぜ乾燥肌になりやすいのか?原因や適切な肌の保湿方法について紹介

乾燥肌
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

ぷるぷるとうるおった肌のイメージが強い赤ちゃんや子どもですが、実は大人よりも乾燥肌になりやすいのをご存じでしょうか?その理由は、大人よりも「皮脂の分泌が少ない」ことや「角質の薄さ」にあります。子どもの肌は敏感なので、どのようにケアしてあげて良いのかわからない方もいるでしょう。

そこで今回は「子どもの乾燥肌の原因や対策」、「保湿ケアの方法」を紹介します。お子さんの肌のパサつきやざらつきが気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

子どもは乾燥肌になりやすい?その理由とは

子どもは大人に比べて皮脂腺が未熟なため、肌のうるおいを保つ皮脂の分泌が少ない状態で、基本的に乾燥肌であるといわれています。生後3か月を超えた辺りを目安として、肌の乾燥に悩む子も多いです。赤ちゃんがお腹で過ごしていた頃は、羊水と厚い角質によって肌が守られてきましたが、出生してから徐々に膜が剥がれていき、乾燥した大気に触れることになります。

赤ちゃんや子どもは大人よりも角質が薄く、肌のバリア機能が上手く働きません。肌のバリア機能が低下することにより、肌内部の水分を保ちにくいことから、肌が乾燥しやすい肌環境にあるのです。

しかし、赤ちゃんや子どもは自分でスキンケアを行えません。大人がしっかり子どもの肌の保湿ケアをしてあげることが大切です。

子どもの乾燥肌は炎症を引き起こす可能性がある

肌が乾燥するとかゆみが生じるケースもあります。乾燥により肌のバリア機能が低下することで、肌の表面が無防備な状態になり、ハウスダストやダニ・花粉などの外的刺激を感じやすくなります。その刺激がかゆみの症状として出てしまうのです。また、バリア機能が働いていないとかゆみを感じる神経が表皮に伸びて、刺激を感じやすくなるのもかゆみの原因だといわれています。

さらに、子どもはかゆみがあると無意識に肌をかきむしってしまうので、肌が炎症を起こしてしまうケースも珍しくありません。肌に傷がついてしまうと、そこから免疫応答を引き起こす物質「抗原」が入り込み、その抗原を撃退しようと抗体を作るために肌は炎症を起こします。肌が炎症すると、さらにかゆみが強くなるという悪循環になります。

生後3か月頃から小学校低学年頃までは乾燥しやすく、肌の環境が整いにくいので、大人が注意深く見守ってあげることが重要です。

●アトピー性皮膚炎など病気が心配な方は医師に診てもらうことも大事

あまりにもひどい肌の乾燥状態が続く場合や、病的な原因が疑われる場合は、一度専門の医師に診てもらうことも検討してください。特に乳幼児はアトピー性皮膚炎を発症しているケースも多いので、心配な方は早めに受診するようにしましょう。アトピー性皮膚炎などの病気は、適切な治療を受けることが大切です。

子どもの乾燥肌を放置するとどうなる?

10-2

子どもの乾燥肌をそのまま放置してしまうと、かゆみや炎症が悪化してしまったり、アトピー性皮膚炎の発症に繋がったりする可能性があります。

赤ちゃんや子どもは不快な状態が続くので、ストレスがかかる可能性も考えられます。かゆみが伴っている場合は、不快感を拭うために、何度も肌をかきむしってしまうことも。肌に傷ができるとさらに状態が悪化する可能性もあるので、大人が早めに対処してあげるようにしてください。

普段の生活でも、乾燥肌を悪化させないために、部屋の加湿を行ったり、空調を調整したりしながら肌に良い環境づくりをするようにしましょう。子どもでも使用できる保湿剤を活用しながらしっかりケアしてあげることも大切です。

また、入浴時にはボディタオルなどを使わずに、石鹸をよく泡立て手で優しく洗ってあげると摩擦が減り肌への負担を減らせます。長風呂は保湿成分も一緒に流れてしまう可能性があるので、適度な入浴時間を心掛けましょう。

保湿してもなかなか乾燥肌が良くならない場合は、念のため病院を受診するようにしてください。

子どもの肌の乾燥を防ぐにはベビーワセリンがおすすめ

ベビーワセリンは肌が弱い赤ちゃんや子どもが使うことを想定して作られており、従来のワセリンより不純物が少なく、やわらかくて伸びがよいことが特徴です。パラベンフリーや無香料・無着色の無添加のものもあります。

顔はもちろん、全身にお使いいただけます。入浴後は水分を拭き取った後、5〜10分以内にベビーワセリンを塗って乾燥対策をしてあげるとより保湿効果を保つことができます。

●ベビーワセリンの使い方

ベビーワセリンは、乾燥が気になる皮膚や唇に塗布するだけなので、使い方は至って簡単です。全身に使えるので、乾燥が気になる部位に積極的に使ってみましょう。

ワセリンは油でできているため、水気をはじきます。ローション系の肌に浸透する保湿剤も使っている場合は、ワセリンを使う前に塗ってあげてください。スキンケアの仕上げとしてワセリンを使うことで、肌に与えた水分をしっかり閉じ込めてくれます。

もちろん大人のスキンケアにも使えますので、親子で乾燥肌対策としてワセリンを活用してみてはいかがですか。

●保湿回数は?

ベビーワセリンの保湿回数に特に決まりはありません。

乾燥が気になる箇所がある場合は、使用方法を守りつつ、数回塗布して保湿ケアをしてあげましょう。

子どもの乾燥肌には正しいケアが大切!しっかり保湿してうるおい肌へ

子どもは大人よりも肌が乾燥しやすいので、しっかり保湿してあげることが大切です。肌が乾燥するとかゆみの原因となることもあるので、赤ちゃんや子どもの不快感を取り除くためにも、きちんとケアを行いましょう。

もしアトピー性皮膚炎などの要因が考えられる場合は、自身の判断で対処せず、医師の診断を受けるようにしてください。

赤ちゃんや子どもに使えるベビーワセリンなどを活用しながら、お子さんの肌を適切な状態へと導いてあげましょう。

中島医師よりコメント
肌のバリア機能が成熟していない子供の肌は乾燥しやすく、湿疹や皮膚炎などトラブルが起きやすいです。肌が乾燥しがちな子供には、トラブルが起こる前に毎日しっかりと保湿をしてあげてください。それでも改善しない場合は、医療機関を受診すると良いでしょう。

監修者
監修者_中島

医師・中島由美
金沢医科大学医学部を卒業後、大学病院で小児科、市中病院で内科医として勤務。皮膚科、美容皮膚科でも研鑽を積み、2018年クリスタル医科歯科クリニックにて内科、アレルギー科、美容皮膚科を開設。内科院長として勤務。

【医師監修】子どもはなぜ乾燥肌になりやすいのか?原因や適切な肌の保湿方法について紹介

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

【医師監修】子どもはなぜ乾燥肌になりやすいのか?原因や適切な肌の保湿方法について紹介

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ