2021.02.03 乾燥肌

【医師監修】肌断食で乾燥肌の改善が期待できる?正しい方法や注意点も解説

乾燥肌
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

肌がカサカサしている、ひび割れ、あかぎれなど肌荒れの原因になる乾燥肌。

空気が乾燥している季節だけに起こる肌トラブルと思われていますが、エアコンや紫外線の影響で季節を問わない悩みとなっています。

そんな乾燥肌の改善に期待ができる方法として、今注目されているのが肌のスキンケアをあえてやめる肌断食です。

この記事では、肌断食をすることでどういった効果が期待できるのか、正しい方法や注意点についても触れながら詳しく解説していきます。

乾燥肌とはどのような状態のこと?

そもそも乾燥肌とは、肌の水分や皮脂が不足している状態のことをいいます。

生活習慣の乱れ、ストレス、紫外線、間違ったスキンケアなどによって肌のバリア機能が低下していることが乾燥肌になってしまう原因として考えられます。

乾燥肌になってしまうと、肌のつっぱり感を感じるようになり、かゆみや肌荒れが起きるようになります。

乾燥肌に効果が期待できるという肌断食とは?

肌断食は、肌がもともと持っているバリア機能などを引き出すという美容法で、基本的には化粧水やクリームなどのスキンケアやメイクをしないことをいいます。

方法など決まりがあるものではなく、さまざまな肌断食がありますが、日常生活のなかでのダメージや過剰なスキンケア、メイクによって失われた肌本来の力を取り戻すという考え方はどれも共通しています。

そのため自分がやりやすい方法で実践しやすいという特徴があります。

肌断食で乾燥肌の改善が目指せる理由とは?期待できる効果

肌断食をすることで肌のバリア機能が整い、乾燥肌の改善を目指すことができるといわれています。

バリア機能が整うことによって、肌本来が持つ保湿成分を正常に戻すことができる効果が期待できます。

ただし肌断食には個人差があり、すべての人にこういった期待できる効果があるわけではありません。

場合によっては乾燥肌の悪化や肌荒れなどが起こる可能性もありますので、少しでも肌に異変を感じたらすぐに中止するようにしてください。

●肌への負担が軽減する

毎日過剰なスキンケアやメイクなどの摩擦によって肌に負担がかかることは、バリア機能が低下し乾燥肌をまねく原因のひとつとなります。

とくにスキンケア、メイクアップ用品の種類や含まれている成分によっては、肌本来が持っている水分や必要な油分を奪ってしまうこともあります。

肌断食によってスキンケアを絶つことで、こうした肌への刺激や負担を軽減する効果が期待できます。

●肌のターンオーバーが整う

過剰なスキンケアは本来剥がれ落ちるはずの古い角質が肌に残ってしまい、肌のターンオーバーが乱れてしまうということにも繋がります。

年齢によって個人差がありますが、一般的に肌は約6週間のサイクルで新しい細胞へと入れ替わっています。肌のターンオーバーの乱れはこの新しい肌細胞の生成に影響がでるため、乾燥肌や肌荒れといったトラブルの原因になる可能性があります。

肌断食をすることでターンオーバーが正常化し、新たな角質が出てきて肌が生まれ変わります。すると、表面にキメが出てふっくらした肌になるといわれています。

●乾燥肌以外の肌トラブルの改善も目指す

過剰なスキンケアをすると、肌を守ろうとする力が働くので皮脂の分泌が多くなるといわれています。

皮脂が多くなることでニキビや毛穴の黒ずみが目立つなど、肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。

肌断食により過剰な皮脂を減らすことで、このような肌トラブルの改善が期待できるといわれています。

正しい肌断食の方法をしっかり理解しよう!

28_02

乾燥肌の改善効果が期待できる肌断食ですが、正しい方法を知らないと、期待していた効果が見込めないばかりか、肌トラブルになってしまう可能性もあります。

そういった問題を回避するためにも、正しい肌断食の知識を身につけて実践することが大切です。

●洗顔・スキンケアはどうする?

肌断食を行う際には、洗顔やスキンケアに関して気を付けなければならない点がいくつかあります。

まず洗顔をする際には、ぬるま湯で優しく肌に押し当てるようにして洗うようにします。洗っているときにゴシゴシと強い力を入れてしまうと肌に摩擦がかかってしまうためです。

そして、洗顔後は化粧水、乳液などのスキンケアを行わないようにします

どうしても洗顔後の乾燥が気になる場合には、白色ワセリンを使って保湿すると乾燥を防ぐ効果があります。

ただし、白色ワセリンは油焼けを起こす可能性があるので、日中は避けて夜のケアで使用することをおすすめします。

●メイクは絶対してはいけない?

肌断食中でも、お湯や肌に負担がかからないミルククレンジングなどで落ちるコスメを使用した、薄いメイクであればすることが可能です。

ただし、使用しているコスメに含まれている成分などによっても変わりますので、肌の状況などを見ながら使用することが大切です。

また、日焼けは肌トラブルをまねく可能性があるので、肌断食をしていても外出する日はSPF値やPA値などの紫外線を防ぐ成分が低い日焼け止めを使用するようにしましょう。

日焼け止めの肌への影響を考慮したい場合には、紫外線を浴びないように日傘や帽子を取り入れるのもおすすめです。

●肌断食の頻度は?

肌の状態や生活習慣などによって個人差があるため、肌断食に決まった頻度というのはありません。

メイクやスキンケアを一切止めて肌断食を行うのもいいですが、まずは今の自分の肌がどのような状態なのか見極める必要があります。

そのため、いきなり毎日のメイクやスキンケアを止めるのではなく、夜だけ、休日だけなど自身の肌と相談して少しずつ始める方法がおすすめです。

肌断食をするうえで知っておきたい注意点

肌が弱い方やかゆみが出やすい方、アトピーなどの皮膚疾患がある方は皮膚科医に相談してから肌断食を行うようにしてください。

自身だけの判断で始めてしまうと、肌への影響や皮膚疾患の悪化に繋がる場合があります。

また、肌断食を始めると一時的に乾燥が気になったり肌荒れを起こしたりする方がいるという話もあり、個人差が出ることが予想されます。

自身に合わないと思ったら無理せず、乾燥が続いたり痛みが出てきたりするようならすぐに皮膚科医に相談するようにしましょう。

肌断食をするなら自身にあった方法を選ぼう

肌断食について詳しくご紹介してきました。

肌断食は肌がもともと持っているバリア機能を引き出すことで、乾燥肌の改善が期待できる美容法ですが、正しい知識を持って行わないと肌に悪影響が出る可能性もあります。

また、個人差もあるのでいきなりすべてのスキンケアを止めてしまうのではなく、期間を決めて少しずつ様子を見ながら自身にあった方法で行うようにしましょう。

中島医師よりコメント
過剰なスキンケアやメイクによる摩擦をなくすことで肌のターンオーバーが正常化し、乾燥肌を改善できる可能性があります。夜だけ肌断食したり肌の調子を見ながら、少しずつ実践する方がよいでしょう。

監修者
監修者_中島

医師・中島由美
金沢医科大学医学部を卒業後、大学病院で小児科、市中病院で内科医として勤務。皮膚科、美容皮膚科でも研鑽を積み、2018年クリスタル医科歯科クリニックにて内科、アレルギー科、美容皮膚科を開設。内科院長として勤務。

【医師監修】肌断食で乾燥肌の改善が期待できる?正しい方法や注意点も解説

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

【医師監修】肌断食で乾燥肌の改善が期待できる?正しい方法や注意点も解説

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ