2021.03.09 乾燥肌

【医師監修】赤ちゃんの乾燥肌対策は?保湿剤をタイプ別に解説

乾燥肌
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

赤ちゃんの肌はバリア機能がまだしっかりしていないのでとても敏感です。乾燥肌などの肌トラブルが起こりやすいので、できる限りのスキンケアをして守ってあげましょう。保湿ケアに適した保湿剤について解説していきます。

赤ちゃんは実は乾燥肌?

赤ちゃんの肌は大人の半分程度の薄さなので、とてもデリケートです。表皮は肌内部の水分を保持と、外的刺激から肌を守るというバリアの役割を果たしていますが、赤ちゃんは表皮が薄く、バリア機能そのものが未熟ですので、汗やよだれ、おむつの摩擦などの外部刺激に日常的にさらされている状態です。刺激を受けてさらにバリア機能が低下した肌は、内部の水分の保持力も低下して乾燥肌も引き起こしがちです。大人では刺激にならないようなことも、赤ちゃんの肌にとっては刺激になることがありますので、しっかりと観察をすることが大切です。

●赤ちゃんの肌に起きやすいトラブル

赤ちゃんの肌はバリア機能が未熟なので、日常的な外部刺激から脂漏性湿疹、新生児ざそう、あせも、アトピー性皮膚炎などが起きやすいです。水分が保持できないことでガサガサになったり、湿疹が出たりと乾燥によるトラブルも多いです。
とくに生後3カ月以降の赤ちゃんは、それまで多かった皮脂の分泌量がどんどん減少し始めるため、水分の蒸散を抑える機能が低下し乾燥しやすくなってしまいます。

赤ちゃんの乾燥肌をケアする保湿剤の種類と特徴

赤ちゃんの肌をケアする保湿剤の種類と特徴についてこのあと解説していきます。
最初にお話しした通り、赤ちゃんの肌は大人に比べてとてもデリケートなので、赤ちゃん向けに作られたものを使うようにしましょう。

●クリーム

油分を多く含むので保湿効果が高く、こってりとした使用感です。空気が乾燥しやすい時期に使うのに適しています。よだれなどで乾燥しやすい顔にもぴったりです。

46_01

●ワセリン

ワセリンは人工的な皮脂膜をつくり、水分の蒸発を防ぐ働きがあります。皮脂膜を作ることで肌を保護できるので、外部刺激による肌荒れの予防にも使えます。
赤ちゃん向けに作られた、柔らかく塗り広げやすいタイプのワセリンもありますので、使用部位や赤ちゃんの肌の状態に合わせて使い分けるといいでしょう。

46_02

●ローション、乳液、スプレー

ローションには透明な化粧水タイプや乳液タイプなどがあり、さらっとした使いごこちが特徴ですので、夏場などさっぱりと保湿ケアをしたいときに適しています。また、さらっとしているので塗り拡げやすく、広範囲をケアしたいときに使いやすいです。

46_03

保湿剤の選び方のポイント

赤ちゃんの肌に優しく使える保湿剤を選ぶときは、鉱物油や香料、着色料などの刺激になってしまう可能性のある成分が入っていない、無添加の保湿剤を選ぶようにしましょう。
ヒアルロン酸やセラミドなどは保湿力やバリア機能を高めると言われているので、そのような成分が入っているものを選ぶこともポイントです。
人工的な皮脂膜を作って肌を守るベビーワセリンはスキンケアの仕上げに使うと水分を閉じ込められるのでおすすめです。季節や赤ちゃんの肌質に合わせて使い分けてみましょう。

保湿剤ではよくならない?乾燥肌からくる「乾燥性湿疹」とは

乾燥肌によっておこる肌トラブルとして乾燥肌湿疹というものがあります。乾燥性湿疹とは、肌のバリア機能が低下した影響で、湿疹ができてしまう皮膚疾患です。軽度だと粉ふきや外気温の変化でかゆみを感じる程度で済みますが、進行するとひび割れ、湿疹、かゆみが強くなる場合があります。放っておくと肌内部の水分がさらに減少し、症状が進行する場合があるので、重症化する前にしっかりと治療を行う必要があります。

●乾燥性湿疹の原因と改善方法

赤ちゃんはバリア機能が未熟なため衣服のこすれや急激な温度変化などの刺激にも弱く、それらが原因で乾燥性湿疹になることがあります。乾燥性湿疹が疑われる場合は、保湿剤だけでは治らない可能性があるので、まず病院に相談しましょう。
日常生活で気を付けるポイントとしては、汗やよだれなどを放置せずに肌を清潔に保ったり、衣服の素材を肌に優しいものに見直すことなどがあります。
乾燥性湿疹になってしまったら医師に相談のうえで、保湿剤で皮膚を守るだけでなく、抗炎症作用・抗アレルギー作用を持つステロイド剤で治療するという場合もあります。

デリケートな赤ちゃんの乾燥肌はまず保湿をしよう!

赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、乾燥肌にもなりやすいです。乾燥はさまざまなトラブルを引き起こす原因にもなるので、しっかり保湿してまずは乾燥肌を予防することが大切です。保湿剤の中でも、ワセリンはほかの保湿剤と併用できる場合があるので、使いやすい製剤かと思います。
肌がカサついたり荒れたりすることで赤ちゃんに辛い思いをさせないように、丁寧に保湿ケアをしてあげましょう。

工藤医師よりコメント
赤ちゃんのお肌は大変デリケートですので、市販の製品を使ってみて肌に異常があらわれるようなら皮膚科、小児科等で適切な処方してもらうようにして下さい。

監修者
監修者_工藤

医師:工藤 孝文
内科医・糖尿病内科・統合医療医・漢方医。
福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。
現在は、自身のクリニック:みやま市工藤内科で地域医療に力を注いでいる
専門は、糖尿病・高血圧・脂質異常症などの生活習慣病、漢方治療・ダイエット治療など多岐にわたる。
テレビ・ラジオなどのメディアでは、ジャンルを問わず様々な医療の最新情報を発信している。
NHK「ガッテン!」では、2018年度の最高視聴率を獲得した。
著書は15万部突破のベストセラー「やせる出汁」をはじめ、50冊以上に及ぶ。
日本内科学会・日本糖尿病学会・日本肥満学会・日本東洋医学会・日本抗加齢医学会・日本女性医学学会・日本高血圧学会、日本甲状腺学会・日本遠隔医療学会・小児慢性疾病指定医。

この記事で紹介された商品について

ベビーワセリン

皮膚、口唇の保護に
無香料、無着色、パラベンフリーで赤ちゃんの乾燥した肌にも

ベビーワセリンについてくわしく見る

【医師監修】赤ちゃんの乾燥肌対策は?保湿剤をタイプ別に解説

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

【医師監修】赤ちゃんの乾燥肌対策は?保湿剤をタイプ別に解説

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ