2019.10.31 インフルエンザ予防について

インフルエンザになって悪寒がつらい‥‥。その原因と適切な対処法

インフルエンザ予防について
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

インフルエンザにかかると多くの人が感じる強い寒気。ゾクゾクと身体が震え、服を着こんだり、布団で身体を覆ったりしても治まらない……。このような強烈な寒気のことを悪寒と言います。悪寒を感じた後は38度前後の高熱が出るケースが多く、なんらかの病気にかかった可能性が疑われます。今回は悪寒について、その症状や原因、対処法などを解説します。

「悪寒がする」ってよく耳にするけど‥‥。悪寒ってどんな症状? どんな時に現れる?

インフルエンザの症状の一つである悪寒。よく耳にする言葉ですが、改めて説明しようとすると、言葉に詰まってしまう人もいるのではないでしょうか。まずは悪寒について、症状や、発生する原因、単なる寒気との違いなど、その特徴を解説します。

悪寒イメージ

症状

寒くない環境にも関わらず、身体がゾクゾクとするほど強い寒気を感じます。上着を着たり、毛布にくるまったりしても一向に治まらず、ガタガタと身震いを伴うこともあります。

原因

人間の身体には、ウイルスや菌などの外敵から身を守るための免疫が備わっています。外敵が体内に侵入すると、その免疫が働き、「外敵がどんどん体内に侵入してきている」と、危険を知らせるためのサインを出します。その際の身体の反応として、生じるのが悪寒です。サインによって外敵の侵入を察知した身体は、白血球による外敵への攻撃を開始。それとともに体温が上昇し、発熱の症状が現れてくるのです。

寒気との違い

一般的に寒気とは、寒さに対する身体の反応で、気温の低いところにいるため身体が冷え、寒さを感じることです。一時的なものであるので、上着を一枚着たり、部屋を暖かくしたりすることで治まります。それに対し悪寒は、ウイルス等の外敵が侵入したことに対する身体の反応です。気温の寒暖に関係なく生じるため、暖かい場所にいるのに寒さを感じ、また部屋や身体をいくら暖めても一向に治まらないのが寒気との違いです。

悪寒は病気の前触れ。38度以上の高熱が出たら、インフルエンザを疑おう

悪寒がみられる病気とは

単なる寒気ではなく、悪寒がみられる場合、なんらかの病気にかかっている可能性が考えられます。早めに適切な治療が受けられるよう、悪寒がみられる病気と、その症状の特徴を押さえておきましょう。

●風邪

せきやくしゃみ、のどの痛み、鼻水などが主な症状で、基本的には悪寒を感じたり、高熱が出たりするケースは少ないです。しかし中には、重い咽頭炎を引き起こし、悪寒や高熱、倦怠感、頭痛を伴う場合があります。

●インフルエンザ

せきやくしゃみ、のどの痛みなど、風邪と似た症状に加え、強い倦怠感や筋肉痛などの全身症状が急激にみられます。38度以上の高熱が出るケースが多いです。

●肺炎

ウイルスや細菌が肺に侵入して炎症を引き起こし、激しい咳や色の濃い痰などが出ます。風邪をこじらせたり、インフルエンザによる二次感染で発症することもあります。38度以上の高熱が1週間以上続くのも特徴です。

●食中毒

ウイルスや細菌に汚染された食べ物や飲み物を摂取することで発症し、下痢や吐き気、嘔吐、発熱などの症状がみられます。特に、サルモネラ菌による食中毒は高熱が出るケースが多いです。

悪寒は病気のサイン。早めに適切な治療を受けましょう

悪寒を伴う病気は、その引き金となったウイルスや細菌、そして重い症状に対する治療が必要です。いずれの場合も、先に説明した諸症状がある場合は早めに医師の診察を受けましょう。熱がない、または37度程度の微熱であっても、悪寒があればその後、急激に体温が上昇する可能性があります。悪寒のある場合は病気にかかった可能性を疑って安静に過ごし、注意深く経過観察しましょう。
またインフルエンザと風邪は症状が似ていますが、悪寒が強く、急激に全身症状が悪化していく場合はインフルエンザの可能性が高いです。ただし、高齢者や乳幼児などはインフルエンザにかかっても症状が現れにくく、感染に気付きにくい傾向にあります。高齢者の場合は、ぐったりしている、食欲がないなど、乳幼児の場合は寝てばかりいる、食欲がない、ぐずぐずするなど、いつもと違った様子がみられる場合はインフルエンザを疑いましょう。

インフルエンザによる悪寒の対処法とは

毛布にくるまる子ども

悪寒はウイルスが体内に侵入してきたサインです。悪寒を感じたら、どのように過ごしたらよいのでしょうか。その対処法を紹介します。
体内に侵入してきたウイルスを察知して悪寒が生じると、その後、ウイルスを退治するための攻撃が始まり、体温が上昇します。強い感染力を持つインフルエンザウイルスは体内で急速に増殖するため、悪寒が強く、その後38度以上の高熱が出る場合が多いです。悪寒があるうちは暖かい素材のパジャマを着用し、布団をしっかりかけて休みましょう。ガタガタと震えるほど強い悪寒がある場合、湯たんぽを使うのもおすすめです。
熱が上がり始めたら、熱を発散させるようパジャマは薄手のものに着替え、布団は熱がこもらないようお腹周りに軽くかける程度にしましょう。熱が出ると汗をたっぷりかくので、こまめに水分補給をし、パジャマも定期的に着替えた方が気持ちよく過ごせます。薄着のものが好ましいので、Tシャツと短パンなど、着心地のよい部屋着で代用してもよいでしょう。

まとめ

強く、長引く寒気は、病気の前触れである悪寒と考えられます。その症状はつらいものですが、早期に病気に気付くための重要なサインともいえます。今回紹介した悪寒の特徴を参考に、体調がよくないと感じた場合は悪寒の有無をチェックし、その後の対策を立てるのに役立ててくださいね。

インフルエンザになって悪寒がつらい‥‥。その原因と適切な対処法

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

インフルエンザになって悪寒がつらい‥‥。その原因と適切な対処法

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ