2020.11.20 ノロウイルスなど感染症予防について

【医師監修】母親がノロウイルスに感染したとき、赤ちゃんに授乳しても大丈夫?

ノロウイルスなど感染症予防について
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

冬に流行するノロウイルス感染症は、赤ちゃんから高齢者まで世代を選ばず発症します。中でも、免疫力が弱く、自分で症状を対処できない赤ちゃんは、わずかなノロウイルスであっても重症化してしまう危険性があるので、特に注意が必要です。今回は、母親がノロウイルスに感染したとき、授乳しても大丈夫かどうかをはじめ、母親と赤ちゃんのノロウイルス感染時の注意点について紹介します。

母親がノロウイルスに感染したとき、授乳しても大丈夫?

横になっている赤ちゃん

母親がノロウイルスに感染している場合、基本的には健康時と同じように、授乳しても問題ないと考えられています。それは、ノロウイルスは感染者の便や嘔吐物から排出され、母乳から排出されることはないとされているからです。つまり授乳によって、赤ちゃんにノロウイルスが移ることはないというわけです。

ただし、そのほかの感染経路には注意が必要です。例えば、嘔吐の症状が激しい場合、母親の手指や乳房にノロウイルスが付着している可能性は少なくありません。そうした箇所に付着したノロウイルスが、授乳時、赤ちゃんの口に入ると感染を引き起こしてしまいます。ノロウイルスは少量でも感染するため、母親をはじめ家族に感染者がいる場合は、徹底して周辺環境を清潔に保つようにしましょう。

授乳期の母親が感染した時に気をつけたいこと

激しい嘔吐や腹痛、下痢とノロウイルス感染時の症状は非常につらく、体力を著しく消耗するだけでなく、脱水症状を引き起こすこともあります。そうでなくとも授乳期の母親は、授乳によって体内の水分が奪われることを考えると、特に脱水症状を起こすリスクが高いといえるでしょう。そういった事態を避けるため、発症した際は、経口補水液などで水分と電解質をしっかりと補給することを心がけてください。万が一、吐き気がひどく水分補給が困難な場合には、医師と相談し適切な治療を受けましょう。

授乳中、薬は服用できる?

薬

授乳期の薬の服用は母乳への影響が心配されるため、できれば水分補給と休養で体力を回復させたいものです。しかし症状がひどい時は、薬の服用も検討したいところ。ノロウイルスには直接有効なワクチンや特効薬はないため、病院などでは嘔吐、腹痛、下痢などの症状に合わせた対症療法がとられるのが一般的です。通常は、以下の薬が処方されるケースが多いです。

・高熱を抑える解熱剤
・下痢症状を和らげる整腸薬
・吐き気を止める制吐剤

上記のほかに、医師の判断で下痢止めが処方される場合もありますが、ノロウイルスの症状を早期に改善するためには、ノロウイルスをいち早く体外に排出することが重要であるため、安易な服用は控えた方がよいとされています。

薬によっては、その成分が母乳へ移行するものもありますが、体内で薬を処理する能力が未発達な赤ちゃんは、わずかな量であっても影響を受ける恐れがあります。そのため授乳期の母親は、受診の際に授乳中であることを伝え、必ず医師の判断のもと薬を服用するかどうか決めてください。その際、薬を服用した後すぐに授乳を行ってもよいか、なども尋ねておくと安心でしょう。

赤ちゃんがノロウイルスに感染したら、どうしたらよい?

医者と赤ちゃん

続いて、赤ちゃんにノロウイルス感染の兆候がみられた時の対処法についてご紹介します。言葉で不調を訴えることができないうえ、体力もない赤ちゃんの場合、冷静かつ迅速な対応が欠かせません。万が一に備えて、適切な対応がとれるよう、症状や注意点を押さえておきましょう。

赤ちゃんにこんな症状がみられたら、ノロウイルスかも?

赤ちゃんに以下の症状が見られた時は、ノロウイルスに感染している可能性が疑われます。

<ノロウイルス感染の可能性が疑われる症状>
・激しい嘔吐がみられる

・下痢が続く
・白い便がみられる
・上記の症状と合わせて、発熱がある

なお、赤ちゃんにノロウイルスの症状が疑われる場合、特に注意したいのは脱水症状です。「口の中がベタベタしている」、「泣いても涙があまり出ていない」、「おしっこの量が少ない」、「ぐったりして元気がない」などの症状がみられたら、脱水を起こしているサイン。すぐに医療機関を受診してください。

赤ちゃんがノロウイルスに感染したとき、授乳しても大丈夫?

笑いかける赤ちゃん

赤ちゃんがノロウイルスに感染した場合も、授乳を行って問題ないと考えられています。赤ちゃんの脱水を防ぐためにも授乳はとても大切です。赤ちゃんの様子に注意しながら、少しずつ母乳を与えましょう。また、離乳食を始めた直後の場合、まず少量の母乳を与えてみて、問題がないようであれば、少しずつ食べさせてください。

赤ちゃんにノロウイルスの感染が疑われる場合、家庭内での感染拡大にも注意が必要です。たとえ症状が回復に向かっても、ノロウイルスは便や嘔吐物からしばらく排出され続けます。3週間程度は、オムツ替えの時など注意を払い、石けんによるこまめな手洗いや周囲の消毒を心がけてください。

まとめ

母親がノロウイルスに感染している場合でも、母乳から赤ちゃんにノロウイルスが移ることはないと考えられています。むしろ母乳には、さまざまな免疫物質が含まれているため、赤ちゃんをウイルスや細菌から守ってくれるといわれます。周りの環境を清潔に保ちながら、授乳を行ってください。また赤ちゃんが感染してしまった場合、その様子や症状に注意して、適切な対応をとることが重要です。今回紹介した症状を参考に、迅速な対応を行ってくださいね。

木村医師よりコメント
母乳を介して、ノロウイルス感染症が乳児に移ることはありません。しかし、母親自身に下痢嘔吐の症状があってつらい場合には、無理に授乳する必要はありません。授乳期間中はいつも以上に水分が必要で、脱水にもなりやすい状態です。授乳によって脱水症状がひどくならないよう気をつけてください。適宜ミルクも併用するといいでしょう。

監修者

監修者

医師・木村眞樹子
都内大学病院、KDDIビルクリニックで循環器内科および内科として在勤中。内科・循環器科での診察、治療に取り組む一方、産業医として企業の健康経営にも携わっている。総合内科専門医。循環器内科専門医。日本睡眠学会専門医。ビジョントレーニング指導者1級資格。

【医師監修】母親がノロウイルスに感染したとき、赤ちゃんに授乳しても大丈夫?

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

【医師監修】母親がノロウイルスに感染したとき、赤ちゃんに授乳しても大丈夫?

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ