2020.11.24 ノロウイルスなど感染症予防について

【医師監修】ノロウイルスにかかった場合の水分補給について

ノロウイルスなど感染症予防について
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

ノロウイルスに感染し、感染性胃腸炎を発症すると、数日の間、激しい嘔吐や下痢が繰り返されます。特にピーク時の嘔吐は激しく、飲み物を1口飲むことさえもままならないほどです。しかし水分が大量に不足してしまうと、脱水症状を引き起こし、命に関わる危険性もあります。今回は、ノロウイルスにかかった時の水分補給の重要性とポイントについて解説します。

ノロウイルスに感染するとどのような症状がみられるか

お腹をおさえる女性

ノロウイルスに感染すると、多くの場合、感染性胃腸炎を発症し、激しい吐き気や嘔吐、下痢、腹痛といった症状が現れます。まれに発熱するケースもあるようですが、高熱に至ることはほとんどありません。通常は発症後、激しい嘔吐が3~6時間程度続いた後、下痢の症状が現れるのが一般的です。これらの症状は発症から1~2日間は強く表れますが、3日目以降は次第に落ち着き、1週間程度で自然治癒すると考えられています。なお、ノロウイルスに感染しても、風邪のような症状や、軽い吐き気を催す程度で治まる人もいます。まったく症状の出ない(不顕性感染)場合もあるようです。

ノロウイルスによる感染性胃腸炎の症状はつらいものですが、現段階で特効薬はないため、嘔吐や下痢によって体内からウイルスを排出し、自然治癒するのを待つことになります。嘔吐がひどく食事や水分が十分に摂取できない場合は、吐き気止めを処方してもらうこともできるので、医師に相談するとよいでしょう。ただし、下痢症状が激しくても、ノロウイルスの治療において、下痢止めを使うことは基本的にはありません。というのも、薬によって下痢を止めてしまうと、ウイルスの排出も止めてしまうことになり、回復が遅れると考えられているからです。とはいえ、下痢があまりにも激しいと体内の水分が大量に失われるため、脱水症状を引き起こす可能性が高まります。そこで重要なのが、水分補給です。

脱水症状にならないよう、適切な水分補給を

水が入ったコップとペットボトル

脱水症状の引き金は、嘔吐よりも“激しい下痢”

ノロウイルスによる感染性胃腸炎を発症した際、最も気を付けたいのが脱水症状です。脱水症状が軽いうちは、喉の渇きを感じる程度で深刻な状態にありませんが、症状が進行すると、酸素や栄養素が体内に行き渡りにくくなり、体温調整もできなくなるなどして、最悪の場合、死に至るケースもあると考えられています。特に注意が必要なのは、嘔吐よりも下痢症状が激しい場合です。下痢症状のある時は腸の機能が低下しているため、水分を補給してもスムーズに吸収されません。さらに下痢症状が激しいと排出する水分量も多くなるため、より脱水症状を引き起こしやすい状態にあるといえるのです。下痢症状が激しい場合は、十分に注意しましょう。

水分と塩分を補う、経口補水液で水分補給

脱水症状を引き起こさないためには、何よりも水分補給が重要ですが、ここでポイントなのは、水分と同時に塩分も補うということ。なぜなら、嘔吐や下痢によって排出される体液には、水分だけでなく、体内の塩分も多く含まれているからです。そこで、脱水症状の予防・改善に適切な飲料として推奨されているのが、経口補水液です。経口補水液には、塩分や糖分がバランスよく配合されているため、水分と塩分を効率的に補うことができるのです。なお、同様の目的でスポーツドリンクが用いられる場合がありますが、経口補水液の方が塩分の濃度が高く、脱水症状の予防・改善にはより高い効果が期待できると考えられています。ノロウイルスにかかり、下痢や嘔吐の症状が激しい間は、経口補水液による水分補給がよいでしょう。

水分補給のポイント

砂時計

ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、発症から3~6時間程度の間が嘔吐が最も激しく現れる期間と考えられます。嘔吐が繰り返されると脱水症状が心配になりますが、この時期は、無理に大量の飲料を飲むことは控えた方がよいとされています。嘔吐の症状が続いている時に大量の飲料を飲むと、胃が刺激されて、すぐに吐き出してしまう場合が多いためです。嘔吐の症状が続く間は、嘔吐の後に口をすすぐ程度にし、症状が落ち着いた頃に1口程度飲んで様子をみて、吐き気を催すことがなければ、10~15分おきに1口飲む方法を続けましょう。

10~15分おきに1口飲むのを1時間程度続け、吐き出すことがなくなったら、徐々に飲料の量を増やしていきます。一気に量を増やすことはせず、少量を頻回に分けて、ゆっくり飲みましょう。飲料が冷たいと胃腸に負担を与えるため、常温に戻した状態で飲むのがよいと考えられています。また、先に解説した通り、飲料は経口補水液が最適ですが、症状が落ち着いてきたら、スポーツドリンクや水、白湯、麦茶などでもよいでしょう。ただし、コーヒーや紅茶、緑茶には利尿作用のあるカフェインが含まれているため、摂取することで体液の排出を促し、脱水症状を進めてしまう可能性があるので控えましょう。オレンジジュースやグレープフルーツジュースといった酸味のある飲み物や、胃を刺激する炭酸飲料なども、吐き気をもよおすため避けた方が安心です。

まとめ

ノロウイルスによる感染性胃腸炎にかかった場合、「飲み物ぐらいは飲めるんじゃない?」と思うかもしれませんが、ピーク時の吐き気は強烈で、自分の意思ではどうにもコントロールできません。症状の重篤化を防ぐポイントは、適切な水分補給です。今回解説したことを参考に、発症した際はどのような状態になるのかをきちんと理解し、万が一に備えて日ごろから経口補水液を常備しておきましょう。

木村医師よりコメント
経口補水液は点滴と同等の内容で、身体に吸収しやすい成分構成です。一気には飲まず、少しずつ飲むことで、体内に取り込みやすくなります。子どもや老人の場合は、脱水になりやすく体力もないため、水分を口からとる体力ですら容易になくなってしまうことがあります。
水分補給が進まない、補給しているようでも下痢や嘔吐で出てしまう場合には、医療機関での入院が必要になることもあります。また、何時間も尿が出ない場合は、極度に脱水が進んでいる可能性があるので、病院受診も考慮してください。

監修者

監修者

医師・木村眞樹子
都内大学病院、KDDIビルクリニックで循環器内科および内科として在勤中。内科・循環器科での診察、治療に取り組む一方、産業医として企業の健康経営にも携わっている。総合内科専門医。循環器内科専門医。日本睡眠学会専門医。ビジョントレーニング指導者1級資格。

【医師監修】ノロウイルスにかかった場合の水分補給について

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

【医師監修】ノロウイルスにかかった場合の水分補給について

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ